HOME > 効果的な空気清浄機の置き方

効果的な空気清浄機の置き方

花粉対策に空気清浄機は効果があるのかといえば、ただ室内に置いておけば良いというものでもありません。
花粉の室内への侵入及び侵入してしまった花粉を除去するのに効果的な空気清浄機の置き方というものがあります。

まず考えて欲しいのですが、花粉はどこから室内に侵入するのでしょうか。
それは玄関、窓、換気口、そして人の衣類に付着して侵入するのです。

実に色んな侵入経路があるのですが、玄関から侵入するのであれば、玄関に空気清浄機を置いておけばよいと思いませんか。
窓や換気口は花粉の季節の間は閉めておけば良いはずです。

玄関に空気清浄機を置いておくことで、玄関のドアを開けたときに室内への花粉の侵入を防ぐことが出来ます。
ただ室内に入ってから空気清浄機を付けていたのでは遅いので、事前に空気清浄機を作動させておかなければなりません。

室内に入る前に衣類に付いた花粉を手で叩いておくことも重要です。
それから空気清浄機を置く場所ですが、お部屋や廊下の真ん中に置くよりは部屋や廊下の隅に置いた方が花粉除去には効果的です。

何故か、それは隅に空気清浄機を置くことで部屋の中に気流が生まれるんですね。
気流が生まれると花粉が滞留することなく流れ、空気清浄機に吸われることになります。

当然ながら花粉だけでなく、ウィルスや埃、塵、ダニの糞や死骸、カビ菌なども除去してくれるようになります。
空気清浄機を侮るなかれ、正しく使えば花粉対策に心強い味方となってくれるはずです。

また寝ている間のアレルギー対策に、裏表使える雲のやすらぎ敷き布団がおすすめです。
片面はマイティトップUが使われているので、ダニ対策にもなります。