HOME > 花粉症の目のかゆみ対策

花粉症の目のかゆみ対策

花粉症の辛い症状の一つに目のかゆみがあります。
目を掻きすぎて目の周りの肌が荒れたり、瞼が腫れる、目ヤニが出る、涙が止まらない、目の中に異物感がある、アイメイクなどの化粧崩れも引き起こしてしまいます。

花粉による目の痒み、炎症は季節性のアレルギー性結膜炎の一種とされ、特定の季節に目の粘膜に炎症がみられるようになります。
一方で1年を通して目の痒みや充血を引き起こす人は通年性アレルギー性結膜炎といって、別の原因が考えられるでしょう。

このような目の痒みが何故起こるかというと、季節性のアレルギー性結膜炎であれば、特定の時期に飛散する花粉が原因であることが多いです。
花粉は目の中に入るとヒスタミンを放出して、粘膜に炎症を引き起こします。

ですから対策としては花粉が目の中に入らないようにすることがまず大切です。
メガネやサングラスをかけることは意外と効果があるのでお試しください。

特に花粉症対策用のメガネが販売されています。
従来のメガネに比べて花粉の入り込む隙間が無く、花粉除去率が90%を超えるものもあります。

それから外出から帰宅したら、家に入る前に衣類に付いた花粉を手で払い落す、顔を水洗いすることも大切ですね。
窓を閉め切っていても、花粉がどこから家の中に入るか分かりません。

布団や洗濯ものも花粉が飛散する時期は外干ししない方が良いでしょう。
どうしても外干ししたいのであれば、家の中に入れる前にしっかり花粉をはらい落とすことです。

それから花粉症の目の痒みに有効なのは点眼薬ですね。
点眼薬はどんなものでも良いですが、清涼感を重視するか、値段を重視するかなど人に選び方は異なると思います。

個人的には予防効果のあるもの、副作用の無いものを使用してほしいと考えています。
なお血管収縮剤の添加された点眼薬は即効性がありますが、副作用のリスクがあるので、あまり多用しない方が良いでしょう。