HOME > 鼻うがいで花粉をすっきり洗い流す

鼻うがいで花粉をすっきり洗い流す

皆さんは鼻うがいをしたことがあるでしょうか。鼻うがいはその名の通り、鼻の中をうがいすることをいいます。つまり鼻の中にお水を入れて、鼻の中に溜まった花粉や埃、ウィルスなどをすっきり洗い流そうという方法です。でも鼻の中に水を入れるのは怖い、痛いんじゃないかと心配な方もいるでしょう。確かにプールなどで鼻の中に水が入り、ツーンとした痛みを味わったことがある人は多いはずです。これは鼻の中の細胞の浸透圧が関係しているのですが、人間の体液と同程度の浸透圧のお水であれば、鼻の中に入れても痛みを感じません。つまりどんなお水が良いかというと、濃度が0.9%程度の生理食塩水が良いと言われています。生理食塩水はご自宅でも作れるのでやってみてください。作り方は簡単、お水かぬるま湯1杯にお塩を2g程入れて混ぜるだけです。できれば体温に近い35度前後のぬるま湯が良いでしょう。水道水は塩素が含まれているので、ミネラルウォーターや一度沸騰させたお水、あるいは浄水器を使用したお水が良いかもしれませんね。ただし濃度を間違えると痛みを伴うのでご注意ください。濃度を間違えなければ、痛みは全く感じないはずです。生理食塩水が出来たら、左右の鼻から交互に吸い込み、下を向いて鼻か口から吐き出すようにし、これを数回繰り返します。慣れない内は食塩水を飲んでしまったり、気管に入ってむせてしまうかもしれませんが、慣れればどうってことはありません。鼻うがいをすると鼻の中の花粉だけでなく、埃や膿まで出てきますので、鼻の中の痒みはもちろん不快感も消え、鼻をかむよりすっきりします。鼻うがいをするようになって花粉症の症状が無くなった、風邪を引きにくくなったという人もいるので、花粉症にも有効かもしれません。百聞は一見にしかずと言いますから、一度やってみると良いでしょう。鼻の中の爽快感が癖になる人も多いようですよ。