HOME > 花粉症皮膚炎とは

花粉症皮膚炎とは

春になるとお肌がカサカサになる、赤い湿疹が出来たり、お肌が痒くなるという人も多いのではないでしょうか。
花粉症というと目や鼻の痒み、炎症が代表的な症状ですが、お肌にも同じような症状が出ることがあります。

これを花粉症皮膚炎といい、花粉によって引き起こされる症状の一つです。
アトピー性皮膚炎の原因と良く似ていますが、まさか花粉が原因だとは思わない人も多いようです。

ただ花粉もアレルゲンの一種ですから、花粉症皮膚炎もアレルギー疾患の一種といえます。
ですから元々アレルギー体質の人は肌荒れ対策においては、花粉にも注意しなければなりません。

いずれにせよ花粉症皮膚炎になるのは、お肌の免疫力が低下していることが考えられます。
ですから春はお肌を花粉から守らなければなりません。

また春先は花粉だけでなく黄砂が飛散したり、紫外線も強くなる季節です。
気温や湿度も変化しますから、お肌も乾燥してダメージを受けやすくなります。

他にも春は環境の変化からストレスを感じたり、自律神経の乱れを引き起こす人も多いようです。
このように春先は肌に負担をかける要因がたくさんありますから、お肌を保護するバリア機能を強化する必要があるのです。

お肌の免疫力の低下は内的要因と外的要因があります。
ですから内的要因と外的要因の両方の対策を同時進行で行い、お肌を強化していきます。

ストレスを感じたり、自律神経が乱れると血流も悪くなり、お肌に栄養が行き渡りにくくなります。
ですから普段以上に食生活には気を使わなければなりません。

花粉症皮膚炎は元々アレルギー体質の人であったり、体の免疫力が低下している人もなりやすいと言われます。
血流が悪かったり、水分の排出機能に異常がある人も花粉症皮膚炎になりやすいですから、体質を改善していかなければなりません。

それから花粉から直接お肌を守ることも大切です。
外出時は長袖の服を着るなどして、お肌に直接花粉が付かないようにします。

面倒臭いとノーメイクで外出する女性もいますが、化粧もしないよりはした方が良いでしょう。
簡単な基礎化粧品でベースの保護膜を作るだけでもお肌への刺激は大分和らぎます。

ただ化粧品の中には化粧品自体がお肌への刺激となることがあります。
ですから使用する化粧品も低刺激のもの、また保湿力があるものなどの条件を満たす必要はあるでしょう。

また目の周りのお肌はデリケートですから、花粉症対策グッズで目元を守る対策も必要です。
最近人気の花粉症対策用のメガネも目だけでなく、目元の肌を守るには有効だと思います。

また花粉症皮膚炎対策として摂取したい栄養素は、ビタミンCやビタミンE、亜鉛、良質なたんぱく質や油ですが、基本的なアレルギー疾患の療養食と異なることはありません。
ヨーグルトやれんこんなども非常に効果の高い食材といえるでしょう。

このように花粉症皮膚炎もアレルギー疾患の一つですから、アトピー性皮膚炎と対策は似ています。
花粉から身を守ることはもちろん、普段から食生活に気を使い、栄養をしっかり摂ってお肌の弱体化を防ぐと良いでしょう。