HOME > 雨の日も花粉症がひどいのは何故?

雨の日も花粉症がひどいのは何故?

雨が降る日は憂鬱ですが、春の季節などは雨で花粉が飛びにくくなるので、花粉症の人にとっては雨が有難いという人もいるでしょう。しかしながら中には雨の日でも症状が変わらない、むしろ悪化するという人もいます。この違いは何でしょうか、雨の日でも花粉は飛散しているということなのでしょうか。一般的には雨が降ると花粉の飛散量は減少しますから、症状が軽くなると言われます。しかし雨が降って症状が悪化するという人は、花粉以外のアレルゲンに反応しているか、あるいは気圧が関係しているのかもしれません。最近の研究では気圧が低下することでヒスタミンの分泌が増えることが分かっていますし、雨の日は副交感神経が優位に働くと言われています。ご存じのとおりヒスタミンは痒みや炎症を引き起こす原因物質ですし、副交感神経が優位だとアレルギー症状が出やすくなるといいます。就寝時に喘息の症状が出たり、皮膚の痒みが出やすいのも、副交感神経が優位であるからと考えられています。確かに雨の日は花粉の飛散量こそ減少するものの、自律神経などに作用して症状が悪化するのかもしれません。それに花粉の飛散量が減るとはいっても、全く飛散していないわけではないですし、マスクを着用するなど対策を怠ることのないようにしたいものです。油断してマスクをつけ忘れたりすると、目や鼻の痒み、くしゃみ、鼻水が止まらなくなるなど、花粉症の症状が出てきてしまいます。それに雨が降った翌日は花粉の飛散量も増えるといいますから、雨の後の花粉にも注意しなければなりませんね。