HOME > タバコが花粉症に与える影響

タバコが花粉症に与える影響

タバコを吸わない人より喫煙者の方が花粉症になりにくいなんておかしな話聞いたことありませんか。また喫煙者の中にはタバコを吸うと花粉症の症状が和らぐ、なんて言う人がいますが、本当のところはどうなんでしょうか。確かにタバコに含まれるニコチンには、一部の点鼻薬同様、血管を収縮させる作用があります。ですからタバコを吸うことで花粉症の症状が和らぐというのも可能性としてはあるでしょう。それにタバコを吸うことで神経が鈍ると、過剰な免疫反応が起こりにくくなるのかもしれません。もちろん科学的根拠があるわけではありませんが、一部の喫煙者のこういった経験が事実としてあるのですから、あながち否定はできないものです。しかしながら花粉症も一種の神経過敏症であり、タバコの煙が鼻の粘膜を刺激して炎症を引き起こします。そもそもタバコにはアレルギー症状を引き起こす化学物質が大量に含まれていますから、症状を悪化させるリスクは大いにあります。また喫煙はビタミンCを大量に消費する行為です。ビタミンCは免疫力の強化に欠かせない栄養素ですし、ビタミンCがあることでヒスタミンの放出を抑え、花粉症の症状を軽減することにも繋がります。ですから喫煙によって体内のビタミンCが奪われてしまうと、症状の悪化を招いてしまうわけです。一部の情報では、喫煙者に花粉症患者が少ないと言われているようですが、科学的根拠があるわけではないですし、鵜呑みにしない方が良いですね。